オリジナルの境界線

一体どこまでをオリジナルと言うのだろうか?
最近、その事について考えています。

pixivユーザーの方ならご存知かと思いますが、投稿の際にオリジナルのチェックボタンを押す、押さないで悩んだ経験があるのではないでしょうか。
この時って非常に考えますよね。自分の描いた作品が他作品のシチュェーションとかポーズとかニュアンスが似てる、タイトル、セリフ文字が似通っているとかです。またオリジナルありきのキャラクターを使っているが今までにない創造的な内容とか、実存する人物をキャラ立ちさせてマンガに組み込んだ場合とかはオリジナルとして主張をしたくなるものです。

なぜそこまで、オリジナルの主張にこだわるのかと言われれば描いた人の権利を守る意味もあるのです。

よく見かけるのですが他人が作った作品をよく許可なく自分のサイトに載せる方がいます。勿論、私もやられた経験があります。はっきり言って快くはありません。
宣伝してやってるというのは言い訳で人のふんどしでただ相撲を取っているの悪行でしかないのです。

そういう意味においても、オリジナル作品としての主張は例えパロディ作品でも出来限りして、作品の権利を守るべきだと思います。oha_ken

pixiv通信その2

pixivは多機能で評価、ブックマーク、コメント、アンケートイメージレスポンス、マイピクなどがあります。これらの機能で相手が自分の作品を評価やシェアなどをしてくれます。それらを総合して客観的にみるとおのずと何かが見えてくるように感じます。その何かとは自分自身だったり、今後の方向性すら見えてきます。

例えば評価なんですが、やはり一つ一つの作品に点数がつきます。しかも毎日です。点数はやはりバロメーターで人気のある作品とそうでない作品がわかったりして反省したり方向性が見えて大変役に立つ機能だと思います。

またブックマークとは相手が気に入った作品を相手のマイページに載せシェアしてくれる機能です。自分の場合、半数もフェバリートしていただけてないので、まだまだだなと思っているところです。

そして、コメントは自分の作品をそんな風に思ってるのかとか、そうかそれは知らなかったと豆知識も増えたりもします。

それからアンケートは自分でも質問がつくれたりもします。自分の場合いじってないので、何が良かったですかの質問で、雰囲気、構図、発想に票がつくようになってるんですが、雰囲気と発想のみ票がついてます。まだ構図が良いには票がついてません。これまた反省。

後、イメージレスポンスはまだ使用してません。作品を引用させてもらう機能みたいですがまだ未使用ですね。後、マイピクも同様未知の機能で早く使いこなしたいものです。

他にもユーザーに対してのお気に入りはtwitterのフォロー、フォロワーみたいなものです。今のところ三人お気に入りしていらっしゃいます。感謝。

とにか評価したり、評価されたり、マイページを自作、他作で飾ったりしてるうちに自分というものがより見えてくる感じがします。

pixiv通信その1

最近、メインがpixiv投稿になりつつあります。去年から始めたのですが、なかなか厳しくもありますが楽しいサイトです。そろそろ自分も絵を描いて長いので正当な評価が欲しいところ、そこでpixivに挑戦しているというわけです。

ただいまpivivのユーザー数は600万人(描かない方もいる)もいます。その中では自分の存在すら知れていないのですが、だからこそ頑張って存在を認められるくらいにはなりたいと思ってるわけです。目指すはランキング500位内!生きてるうちに1度は体験したい^_^


※これは色んな意味でアウトですかね?

総理と握手をしました(^^)

と言っても数年前のお話で元総理となっていた頃のお話です。とあるイベント会場に突然現れ、大勢の方と快く握手をかわしていました。そして自分も負けじと握手してもらいました。印象としては背も大きいし手も大きかった。その数年後に二度目の総理になるとは予想だにしなかった。ぜひ、今後ともリベンジ頑張ってもらいたいものです。

ちなみにこれを描いたのは第一次阿部内閣のころです。この絵が呼び水となって握手できたに違いない!

お絵描きサイトを比較してみよう!

今日いつもお世話になっているお絵描きサイトibisPaintさんとPixivさんを比較してみました。
まず、ibisPaintさんの場合、コミュニケーションが主体なので友達が作りやすく、英語対応でもあるので多くの外国の方がいらっしゃいます。現に自分も数多くの外人さんと仲良くなってます。
そして、pixivさんの場合はユーザー数がただ今600万人をこえていて、わずか3ヶ月で100万人のユーザーが増えているといいます。コミュニケーションはイマイチ少ないもののお互いの作品に対して無記名で評価ができるのが大きな違いですね。

どちらにも良さがあって甲乙つけがたい。それを簡単な表にまとめてみました。調べきれていませがどうぞ見て下さい。
mid025
※間違いがあればご指摘など戴ければ助かります。